読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識提供してみた!

2016年,400冊を読んだ私がみなさんに知識を提供!(2015年は500冊)心理学、ストレス対処、メンタルヘルスについて知りたい方にとって有意義なブログです!

人間はストレスから解放できるのか!我らの師匠、仏陀様が検証してくれました!

 

f:id:steceo41:20160130235140j:plain

私たちの身近にあるストレス・・・

ストレスってなんでこんなに厄介なんだろう・・・

なんて思ったこと、一度はありませんか?

 

そろそろストレスから解放されたい!

ストレスから脱却してリラックスした状態がほしい!

こういったことは誰もが日々感じていることです。

しかし、どうしてもストレスの呪縛から解放されない・・・

たくさんの方法を真似てきたけど、イマイチ実感が沸かない・・・

 

という悩みを多くの人が抱えていることとおもいますので!

今日はストレスの仕組みをきちんと理解した上で正しい解決法をみなさんに伝えていければいいかなあとおもいます!

 

人はストレスから逃れることはできないことをまず認識する

2000年以上も前の話、

仏陀が「苦」から逃れようと修行をしました。

 

その年数、6年!!

 

6年間も座禅を組んで「苦」すなわちストレスというものから逃れようと

修行という修行を重ねたのですが、結局「苦」から逃れることはできなかったそうです。

 

6年も修行をしてくれた人=仏陀がいてくれたおかげで

人は「苦」から逃れることはできないということがわかりました。

 

 

そして、この世には3つの「苦」というものがあると説きました。

  1. 身体からの痛みによる苦しみ

  2. 他者から認められない苦しみ

  3. 自分の「快」を解消できない苦しみ

これら3つのことを「三苦」と表し、仏陀は悟りを開きました。

「三苦」は私たちの人生の中で切り離せないものであり、

完全に撲滅することもできません。

 

 

しかし!!

落胆することはないです!

 

私たち人間はストレスから逃れることができない反面、

ストレスをうまく解消できる方法をたくさん手に入れることができます。

 

しかもそれらは科学的に解明されていることなので

とても確実性があります!

 

それらをうまく活用してこその知識といえるのです

 

私がたくさんの本から得た知識を与えることが私の責務だと感じています。

 

 

では次回、ストレスから解放されるための方法を伝えましょう!

 

まとめ

  • 仏陀が六年間にも及ぶ修行をしてでも、「苦」から逃れることはできなかった

  • 「苦」というものは三つ。

  • 身体的な痛みによる苦、承認の苦、快を満たされない苦

  • しかし、自分次第ではストレスをうまく乗り切ることが可能