読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識提供してみた!

2016年,400冊を読んだ私がみなさんに知識を提供!(2015年は500冊)心理学、ストレス対処、メンタルヘルスについて知りたい方にとって有意義なブログです!

【本のアウトプット率は3%】読書はたくさん読むよりも何を読むか考えた方が100倍重要

 

趣味:読書の人が成功しているのか?

社会人や仕事に対して模索している人は、本を読んで何かを得ようとしています。

とてもすばらしいことです。継続してください。

しかし、どんなジャンルの本を読むかが非常に重要になってきます。

 

本を読む=えらい?

なんだか本を読んでいることを公にさらすと、

「すごい!」とか「勉強家だね!」と言われることが多いです。

そのとき僕は頭に『?』マークが浮かびます。

本を読んでいることがえらいならたくさん読むよ!って思ってしまいます。

たしかに1日5冊読むと疲れますが、それは他のあらゆることにも当てはまりますよええ。

だから本を読んでいることはなーんもえらくないです。

 

本を読んでどうしたか。がめちゃくちゃ大事!

現代は情報が溢れかえっています。油断していると間違った情報に左右されてしまって行動が拘束さえることだってあるのです。

だから情報、知識を取捨選択する技術が必要になってきます。

それは本を読んで培うことができるのですが、大切なのはそこではありません。

本で得た知識を使ってどう行動したかが重要です!

知識を得ることなんてネットさえあれば手にいれることができます。

現代はどう行動したかが重要なのです。

 

知識を活かす人は3%に満たない

なぜ行動することが重要かといいますと、知ってるだけで行動しない人が多いからです。逆にいえば、みんなが知ってることを行動にうつすだけでうまくいったりします。マジです。

 

 

読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術