読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識提供してみた!

2016年,400冊を読んだ私がみなさんに知識を提供!(2015年は500冊)心理学、ストレス対処、メンタルヘルスについて知りたい方にとって有意義なブログです!

ストレスを感じたらするべき3つのこと 《スタンフォードのストレスを力に変える教科書》

 

ストレスを感じた時、あなたはどうしているか

いやなことをされた、いやな気分になったときにあなたはいつも何をしていますか。

変に聞こえるかもしれませんが、ストレスを良いように感じるか、悪いように感じるかで、身体に起こる反応、成分が変わってしまいます。

 

ある研究結果で、ストレスをよいと感じている人は悪いと感じている人より平均して7.6年平均寿命が延びました。

また、ストレスを悪いものだと感じている人は病気になるリスクが43%も高くなることも判明しました。

 

このことから、ストレスというものは実は捉え方次第で良い結果を招き、悪い面しか見ないと病気のリスクや寿命にまで影響を及ぼしてしまう可能性があると言えます。

 

ストレスを感じたときにする3ステップ

では実際に、ストレスを感じたら何をすればいいのかのでしょうか。

その方法を伝授します。

 

①認識する

ストレスを感じたら、まず認識しましょう。

あなたに現在起こっているストレスはなぜ起こったのか、どこから来たのかを認識します。

 

②受け入れる

次に、ストレスが自分の身に起こったことを受け入れましょう。

自分がストレスを感じていると認められたらOKです。

あくまで客観的に。

 

③利用する

あなたがストレスによって感じた思いや感情を、エネルギーとして利用してやりましょう。いけないことにお金を費やしたり、他の人に怒りをぶつけることはやめて、自分が今できることにエネルギーを集中させてやればいいのです。別にあなたが嫌な思いをする必要はないのです。嫌な感情を全て吸収せずに昇華すればいいだけなのです。

 

この三つのステップを何回かすれば、ストレスを力に変えることができます。

私自身も、ストレスを感じたときはこの方法を思いだし、実践するようにしています。

効果があるのでぜひ何回か試してみてください。

詳しくはスタンフォードのストレスを力に変える教科書を参照してみてください!

 

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書