読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識提供してみた!

2016年,400冊を読んだ私がみなさんに知識を提供!(2015年は500冊)心理学、ストレス対処、メンタルヘルスについて知りたい方にとって有意義なブログです!

【読んだら忘れない読書術】ホームラン本を見つける方法。本は精読する必要ない

 

f:id:steceo41:20160418123728j:plain

読書=精読ではない。

 

樺沢紫苑さん著の読んだら忘れない読書術にこんなことが書いてあります。

 

本は一字一句読まなければならない。本を読むのが遅い人は、たいていそうした先入観に支配されています。「本は最初から一字一句読まなければいけない」なんてルールだれが決めたのでしょう。」

 

読書家と呼ばれている人は一字一句読んでいるという先入観を多くの人が未だに持っているのではいかと思います。事実は一転、読書家と呼ばれている人ほど、精読よりも速読メインにおいていることも判明しています。

 

一字一句読んでいたら簡単に時間が過ぎてしまう。

本を最初から最後まで読んでいると時間がどうしてもかかってしまいます。

さらに良本ではなかった場合、得るものに対する機会費用が少なくなってしまいます。

だから、良い本を見つけることが非常に重要になるのです。

 

読むべき本を吟味して読む。

精読をすることのデメリットを述べましたが、本当に必要な知識が入っている本を精読することは大切です。しかし多くの人は自分に今必要な本を選択できていないがために本を嫌いになってしまうのです。だから良い本かつ自分にあった本を選択すればきちんとした知識が身につき、読書が楽しく感じるはずです。

 

良い本を選択する方法

ではみなさんにとって良い本を選ぶに最適な方法をお伝えいたしましょう。

それは読書家の人におすすめの本を聞くことです。

聞くといっても、わざわざその人のところへ行って「教えてほしい!」と尋ねる必要はありません。

興味のある本の作者から、参考文献やらを調べてみればいいのです。

本を書いている人は相当の読書量がないと書く事ができません。

なので作者は多くの場合、読書家なんです。

好きな作家はみなさんの中に一人くらいはいるはずです。

そこから脈を辿っていけばホームラン本と呼ばれるような本に出会うことができます。

 

読書に関する記事は数個あるのでこちらもぜひ見てみてください。↓

 

tanzen.hatenablog.com

 

 

tanzen.hatenablog.com

 

今回参考にした本です。

↓ ↓ 私の中のホームラン本です ↓ ↓

 

読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術